有意義な時間

旅行ならば、旅行にいかないというのも方法です。しかし、それでは新しい経験、出会いのチャンスを逃してしまうかもしれません。そこで、学生ローンという方法があります。学生ローンが何かといえば、このようなお金のない人たちが、旅行へいくための手段の一つなのです。借金はするなと大人の人たちは言うかもしれません。しかし、大人になれば、もっと大きな借金をすることになります。住宅ローン、クルマのローンなど、借金漬けになってしまうのが、本来の大人たちの姿です。

借金とともに生活をしていく道を誤らないためにも、今、正しい借金のルールを若い人たちが学んでおくべきではないでしょうか。今、学生ローンでお金を借りることはいいレッスンのチャンスです。借金とは、自覚を持って借り入れしなければならないというのは、若い人たちでも同じです。若い人たちでも学生ローンから借金をすれば、それなり借金を返済していかなければならない自覚というものが生まれるのではないでしょうか。

それは、借金をして旅行をしたら、今度はしばらくは借金返済に専念しなければならないということです。学生ローンがあれば、いつでも旅行へいくことが出来るという思いも間違いです。だから、尚更、旅行にいけば、その時間を有意義に使おうと思うはずです。

親からもらう?

お金学生の人たちがお金を得る方法を考えてみましょう。まず、お金は、親の仕送りでやりくすることが普通です。ただし、仕送りが出来ないという親もいるでしょう。学費で精一杯という親もいますし、学費も自分で稼いでいる学生の人たちも一杯います。今は大変不景気で、親も昔以上、仕送りのお金を出すことが出来なくなっているのです。しかし、そこは学生さんがやりくりをして、なんとか仕送りのお金を節約してそこから旅行のお金を抽出することが出来ないという訳ではありません。一つの方法は、仕送りのお金で旅行をすることです。

そして、仕送りのお金では到底無理という場合には、親にお金を別にもらうまたは、借りるという場合があります。お金が足りないの……と言えば、親は唯一お金をくれる存在でもあります。親が駄目なら、おじいちゃん、お婆ちゃんにねだるというのも方法です。しかし、ここにも一度トライして、ある程度限界はあるかもしれませんし、そんなに世の中は甘くないのかもしれません。

友だちか借りるという方法もあります。しかし、お金の切れ目が縁の切れ目です。親友だとしてもお金なんて簡単には貸してくれないでしょうね。しっかりした友情をもっているほど貸してはくれないものです。そして、借りないものです。

借金するべき?

計算学生ローンで旅行なんて、あまり格好の良いことではないのかもしれません。しかし、周囲の人たちには黙っていれば、借金で旅行をしているなんて誰が分かるでしょうか。若い人たちは、借金をしてまで、旅行をしなければならない瞬間ってあるのではないでしょうか。それは、そのような貴重な時間が二度と戻って来ないからです。社会人になれば、お金もある程度持ってますので、そのとき旅行をしなさいと親はいうかもしれません。 しかし、そのときは時間の方がありません。

若い人たちは、今、この時間に、新しい経験、新しい出会いを求めていかなければならないものではないでしょうか。アルバイトをして、コツコツお金を貯めて、来年の夏やっと旅行出来たというのなら、今年の夏出会うはずの新しい経験、出会いとは遭遇出来ないかもしれません。

来年の夏には、また新しい経験、新しい出会いがあるという言い方も正しいのかもしれませんが、そのモチベーションは、やや奥手のモチベーションであるかにも見えます。学生だからこそ借金しても構わないという大胆さも必要ではないでしょうか。学生の人たちが、借金に対して、それ程警戒心をもって、コツコツと地味に人生を切り開くモチベーションとはどうなのでしょうか。

学生ローンで旅行

困る学生さんだから、旅行も一杯して欲しいと思いますが、お金がないのに旅行というのはどう思いますか?今回考えて欲しいのはこのことです。周囲の人たちは、お金がないのなら、旅行をするなというかもしれません。もちろん、学生ローンという方法などがなければ、お金がないのなら旅行にいくことが出来ないのです。他に、友だちや、、消費者金融など借りる方法がありますが、親があげる……と言わない以上は「借金」です。消費者金融が、あげるといういうはずはありません。

お金を得るとは借金するものなのでしょうか。お金とは、自分でコツコツ貯めて使うものという当たり前の公式があります。それに従えば、コツコツお金をアルバイトで貯めて、旅行にいくことが出来るのは、来年の夏ということになってしまうかもしれません。そのとき、自分のお金で旅行をしている充実感というものも存在するかもしれません。待つだけ価値というものも膨らんでくるかもしれません。

しかし、もう今年の夏という貴重な瞬間は二度とここに戻って来ないのです。あなたは、今年の夏、旅行に誘われたのにNOといい、苦い思いをして、ただありあまる時間を無駄に過ごしたいただけではないでしょうか。それでも、夏は過ぎて行ってしまうのです。そのような夏が、来年になれば再びやってくるという思いもどこかきっと違っているでしょう。来年はまたそのような夏は来るのかもしれませんが、全く違うものです。やがて社会人となり、休みなどほとんど取ることが出来なくなってしまうのです。